迷子犬の探し方

Twitterなどで「迷子犬」と検索をしてみて下さい。

今この瞬間も、大切な家族を探し続けている人がいます。

ここでは、迷子犬の探し方・保護した場合の対応について書いていきます。

 


1.迷子犬の探し方

  • 警察署、保健所、動物病院、動物管理事務所、清掃事務所へ連絡をする。
    かなりの距離を移動するため、隣接している市区町村の各機関にも連絡をしておくと良い。
  • 逃走地点を中心として円を描き、外側から中心に追い込むように捜索をすると良い。
    小型犬は1日で200m~1kmほど、中型犬~大型犬は1日で1~5kmほど移動するとされている。
    この1日あたりの移動距離を目安に円を描き、捜索範囲を徐々に広げていく。
    (※画像は都庁を中心とした3kmの円)
  • 犬も飼い主を探して移動するため、出来るだけ早く捜索を開始する。
  • ポスターを作成し、散歩している人などに配る。
    電柱などは原則貼り付けが禁止されているため、公共の場に許可を得て貼る。(郵便局、スーパー、銀行など)
  • SNSで情報を発信する。
  • ペット探偵に依頼する。7~8割は解決出来るとの情報もあります。

2.迷子犬をみつけた場合

  • 怯えていたり興奮していることがあるため、犬を脅かさないよう、
    優しく話しかけ、犬の方から近づいてくるのを待つ。無理に捕獲するのは
    危険なので、見かけた場所・犬の特徴などを公的機関へ連絡する。
  • 首輪についている迷子札の有無等を確認する。
  • 可能ならば、写真(または動画)を撮影しSNS等でシェアしましょう。

3.捕獲できた場合

  • 首輪やリードに連絡先がないかを確認する。
  • マイクロチップが埋め込まれているかもしれないので、保健所へ問い合わせる。
  • 届けが出ているかもしれないので、公的機関(保健所、警察署等)へ連絡する。
  • ポスターを作成し、飼い主を探す。
  • SNS等で保護した犬の情報をシェアする。
  • 警察署、保健所へ連れて行くと期間内に飼い主が現れなかった場合、
    殺処分されてしまうことがあるので、可能であれば自宅で保護してあげて下さい。
  • 飼い犬とは、離して保護してください。(感染病を持っている可能性があるため)
  • 飼い主と名乗る方から連絡があった場合は、すぐに引き渡すのではなく、
    本当に飼い主なのかを確認しましょう。(詐欺などの可能性があるため)
  • 勝手に自分で飼い始めると遺失物横領罪の罪に問われます。

4.迷子になるのを防ぐには

  • 電話番号や住所を記載した迷子札を付けましょう。
  • GPS付きの首輪を着用させましょう。
    (通常の首輪より重いため、ペットの負担にならないよう気を付けて下さい)
  • 首輪、リードに破損がないかを、定期的に点検しましょう。
  • 花火や雷に驚いて逃げ出すことがあるため、地域のイベント情報、気象情報をよく確認し
    室内に入れてあげるなど対策をする。ちょっとした隙間から逃げ出してしまうため、戸締りをきちんとしましょう。
    ※熱中症になってしまう可能性があるので、冷房を入れるなどして対策をしましょう。
  • 庭などに放している場合は、こまめに確認しましょう。
  • 何者かに拉致されるという事案も多発しているため、注意してください。

5.まとめ

 外の世界は、犬たち動物にとっては危険だらけです。

 もし迷子になってしまったら、すぐに捜索を開始しましょう。

 また、迷子犬を見かけた際は公的機関への連絡・SNSでの情報共有をよろしくお願い致します。